トップ / 資格補助金を取得に関して

資格補助金を取得に関して

資格補助金を取得

教育訓練給付で資格補助金を取得

雇用保険法において、教育訓練給付金という制度が存在します。この制度は、資格を取得し就職に活用しようという方に対して支給される給付で、公共職業安定所にて申請を行うことができます。申請した人には、職業訓練を行う為にかかった費用のうち10分の2(最大で10万円であり、算定額が4000円未満の訓練筋になる場合は支給されません)まで補助金を受け取れるという制度です。支給には条件があり、はじめて支給申請する方は1年間、前回申請された方は3年間ほど被保険者であった期間がある事が条件となります。また、専門的な教育を対象としてより手厚い補助金給付制度も用意されていますので、目的資格に応じて選択する事が理想だと言えます。

資格,すすめ

国から補助金が出るもの

厚生労働省では、特定の資格取得を目指している人に対して補助金を給付する制度を実施してます。厚生労働省が実施する「教育訓練講座」では、「教育訓練給付制度」と呼ばれるものが設けられています。これは、この制度の対象となる教育訓練講座を修了した後、受講した本人が支払った受講費用の20パーセントが支給されるものです。支給額の上限は10万円です。補助金が受けけられる講座は、簿記検定、ホームヘルパー、社会保険労務士の資格取得を目指している人向けのもので、講座修了後「ハローワーク」に申請することで受給することが出来ます。

↑PAGE TOP